読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanilog

iPhoneを主にApple関係の記事やサッカー関連の記事を書いていきます。たまに興味持ったものも書きます。

「iPhoneを探す」はやはり神機能だった。

f:id:wanityan:20150629192511p:plain

こんにちは、@wanitaynです。

皆さんはiPhoneにある機能で「iPhoneを探す」という機能をご存知でしょうか?また知っているけど設定していない方も多いのではないでしょうか?私も昔は設定していない人でした。ですが、ある記事を読んで以来これは設定しておいた方が良いと思ったのです。

その記事がこちら

中国で iPhone を紛失し、「iPhoneを探す」アプリを使用した顛末記。 | 毎日17時更新!アプリをおすすめするAppBank

AppBank氏が中国でiPhoneを落とした時の話が書いてあります。私はこの記事を読んで「iPhoneを探す」の凄さを知りました。記事を読んでいる途中に「iPhoneを探す」の設定をするくらいに感動したのを覚えています!

 

そして、その機能が役に立つ時が来たのです。

 

事態は突然起こった。

f:id:wanityan:20150629194601j:plain

昨日の夜、地元で飲み会があり夜中の2時頃まで飲んでいました。2駅ほど離れた飲み屋でそこから歩いて帰っていたのですが、途中で気を失ってしまいました。その後気を取り戻しなでしこの準々決勝があるのは覚えていたので小走りで帰り、無事?帰宅。玄関で時間を確認しようとiPhoneを出そうと思ったらどこにも無かったのです。

iPhoneを落としたのは初めてで、あのヒヤッとする感覚はヤバいですねw我ながら酔っていたのに冷静だったと思いました。闇雲に探すのではなく、「iPhoneを探す」でどこに落ちたか調べようという思考に辿り着いたのです。

f:id:wanityan:20150629194741p:plain

早速、パソコンを立ち上げiPhoneの落とした場所を探しました。実はもともと落としたであろう場所はわかってはいて、途中で気を失って座ったバス停のベンチのあたりではないかと思っていたのです。ここで驚きなのが、まさにその場所にピンポイントでGPSのマーカーが現れたのです。

場所がわかったので自転車に跨り、もうダッシュで取りに行きました。マーカーの出ていた位置に到着するとそこには歩道の真ん中に堂々と転がったiPhone6 Plusの姿がw誰にも踏まれなくて良かったです…。

 

iPhoneを拾い、家へもうダッシュで帰りました。なんとかなでしこの試合開始時間である5時前に戻って来れました!あとは応援して寝るだけ!…だったのですが、落としたiPhoneが手元に戻ってきた安心感で眠ってしまいましたw

その後タイミング良く、なでしこが点を決める10分前くらいに目覚めて得点シーンで叫ぶこともできましたw朝から冷や汗かきながら走り回ってはいましたが、iPhoneは手元に戻り、なでしももしっかり勝利でき、さらにそのシーンで盛り上がることができたのでなかなか憑いていたのかもしれませんw

 

まとめ

体験したからこそ強く「iPhoneを探す」の設定をオススメします!多少酔っていても頑張るのはパソコン君なんで楽チンですし、無駄に走り回ることもありません。落としてなお、スマートなiPhoneAppleは流石ですね!

 

設定は非常に簡単で設定アプリを立ち上げ、iCloudをタップ。

f:id:wanityan:20150629200442p:plain

 

次に一番下までスクロールしたところに「iPhoneを探す」があるのでそれをタップ。

f:id:wanityan:20150629200511p:plain

 

そして、オン・オフのボタンがあるのでオンにします。

f:id:wanityan:20150629200806p:plain

これでいつiPhoneを落としてもパソコンから探すことができます。

 

深夜の飲み会後にiPhoneを落としても大丈夫。

そう、iPhoneならね。

 

                                 では、また。