読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanilog

iPhoneを主にApple関係の記事やサッカー関連の記事を書いていきます。たまに興味持ったものも書きます。

Apple store 銀座へ行ってきた!

こんにちは、@wanityanです。

本日はハロウィンということもあって東京の電車内はオバケたちが蔓延っています。どうやら向かう先は渋谷のようで今夜はレッツパーリィーなのでしょう。

私は本日あえて銀座にやってきました!特に意味はないのですが、強いて言うなら行ったことがなかったからです!

 

Apple store 銀座へ到着すると立て看板があり、タイミングが良いことにイベントが開始される10分前だったので勢いで参加してきました!

 

iPhoneのカメラ機能が切り開く可能性

f:id:wanityan:20151103155842j:plain

SWITCHとCoyoteの編集長である新井氏がモデレーターとなり、映像作家の岩元氏と水中カメラマンの石川氏がパプアニューギニアへ行き、iPhoneのみで撮影してきた映像を映しながら行うトークショーでした。

 

f:id:wanityan:20151103160156j:plain

対談したのは左から

SWITCHとCoyoteの編集長 新井敏紀氏

映像作家 岩元康訓氏

水中カメラマン 石川肇氏

 

まずは岩元氏と石川氏が撮影し、AppleのCMにもなった動画をご覧ください。

 

 

とてもiPhoneで撮影したものとは思えませんね。ですが、岩元氏と石川氏はiPhoneの自動フォーカスでここまでやれるとおっしゃっていました。

岩元氏はいくつものレンズを用いて撮影をしているそうなのですが、iPhoneだと物が小さく、レンズも最高品質物が安価に手に入るので遠征をする際に荷物が少なくて済むのが最大の利点だと語っていました。

石川氏は、水中で撮影する際に4.7インチの高解像度のディスプレイで映像をチェックしながら撮影できる点と、岩場の下の空間などにある狭い場所でもiPhoneを置いておくことで今まで撮影できなかった光景が撮影できる点が良いと語っていました。

 

両氏ともにおっしゃっていたのは、iPhoneは今までのカメラと違い安価で、軽く、高機能であることで、今まではリスクが高くて撮影できなかった場所に撮影機材等は必要なく、iPhoneだけで撮影できてしまう時代が来たとのこと。これにより多くのユーザーから品質の良い動画がどんどんアップされてくるだろうと語っていました。

 

最後に両氏が今回パプアニューギニアへ行って撮影してきた映像をご覧ください。

 

                                  では、また。