読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanilog

iPhoneを主にApple関係の記事やサッカー関連の記事を書いていきます。たまに興味持ったものも書きます。

W杯決勝 日本5-2でアメリカに敗戦。

f:id:wanityan:20150706094430j:plain

こんにちは、@wanityanです。

ついにやってきました!なでしこジャパンのW杯決勝。

 

スターティングメンバーは以下の通りです。

なでしこジャパン
GK:海堀あゆみ
DF:有吉佐織岩清水梓熊谷紗希鮫島彩
MF:川澄奈穂美阪口夢穂宇津木瑠美宮間あや
FW:大野忍大儀見優季

 

アメリカ
GK:ソロ
DF:クリーガー、サワブラン、ジョンストン、クリンゲンバーグ
MF:ヒース、ブライアン、ホリデー、ロイド、ラピノー
FW:モーガン

 

衝撃の幕開け

先制点がどちらが取るのか?など様々な期待を持って始まった試合でしたが、開始3分で早くも失点。さらにその3分後にまたも失点し、前半6分でまさかの0-2と劣勢になしました。その後前半14分と16分にも立て続けに失点し前半の1/3の時点で0-4となってしまいました。

今大会は守備陣が奮起し、ここまで守り切っていたのですがここに来て崩壊。アメリカも開始早々にスピードで押し切る作戦に出ていたのがハマったのもあってこういった結果になったと考えられます。

ですが、さすがは前回大会優勝者の日本。黙って終わるわけにいきません。大儀見にやってきたワンチャンスを気持ち晴れるようなシュートで4-1で食らいつきます!このゴールから日本にも攻める意欲が出始め一方的に攻められることはなくなりました。その後攻防が続き前半終了。

後半になり、攻防が続くなか後半7分に澤に出したクロスがアメリカDFのクリアミスがゴールになり4-2となりまだまだチャンスがあるように思われました。しかし、アメリカは意気消沈するのではなく、逆に攻めの姿勢に出て失点した2分後に1点取り返しまた3点差へ戻して見せました。

日本は諦めず攻め続けましたが、今大会のアメリカはディフェンス面の安定性が高くなかなかゴールを割ることができず、5-2という形で敗戦してしまいました。

 

今大会を通して

今大会を通して思ったのは女子サッカーの高速化です。特にヨーロッパチームは男子を思わせるようなスピーディなサッカーをしていました。一方日本はその時代に乗りきれずにいる印象を受けました。日本のパスサッカーは1時代を築きましたが、日本は新たなステップへ進まないといけないですね。

もう一つ若手が育ちきらなかったという点も残念な部分です。良い人材はたくさん居るので期待して待つしかありませんね。

 

日本は準優勝という結果でしたが、前回大会が1位で今大会が2位と考えるとかなりの好成績です。元々の下馬評やグループリーグの戦いを見ているかぎり日本が決勝に進めた時点で凄いです。勝ちきる力など世界ランクで常に上位に居る日本の強さを示すことができた大会だったと思います。ですが、それは前回大会優勝のメンバーが居たからこそできたことなので、これからどうなでしこが進化していくのか楽しみです!これからも変わらずなでしこジャパンを応援しましょう!

 

                                 では、また。